かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

安値補填の負担金から予測出荷量を出す

安値補填の負担金の計算が出来るようにしようと、頑張ってみました。(笑)

 

今回のスイカの負担金は、42,398円。負担金額が変わる要素としては、予測出荷量。

計算式は、以下の通り

 

負担金額=造成単価×予測出荷量×造成負担率×自己負担率

 

イカの造成単価等決まっている値を入れていくと、こんな感じ。

 

42,398円=23.46円×予測出荷量×100%×1/9

 

出荷量が不明なんですね。で、上の式から予測出荷量を出してみると・・・

 

予測出荷量=16,265Kg

 

16tぐらい?はて?そんなに出荷しただろうか?
今年のスイカは2反ほどだったので、スイカの平均的な反収は約4t。つまり2反であればだいたい8t前後の収量となるはず。つまり、実際に出した出荷量で計算していない可能性がありますね。だから「予測出荷量」となっているのか。

 

じゃあ、予測数量の16tはどこから来たのかというと・・・多分ですが、坂井市に提出した経営計画から出したのではなかろうかと。計画では5反作付けする形で、80%の収量があがると計算すると、16tスイカがとれるとして提出しています。

とすると、予測出荷量が16,000Kgとなるのですが、ちょっと端数が出てますね。

これはたぶん自己負担率が1/9ではなくて、1/9+端数って感じじゃないかなぁと思うのです。負担金は県やJAも出してくれているのですが、県やJAが負担する額の1,000円未満の端数は自己負担になるのではないかと。今までの補助金の計算も1,000円未満の端数は切捨てられて自己負担になっていましたから。

 

イカだけですが、負担金から予測出荷量を出すファイルを作っていますので、欲しい人はどうぞ。

安値補填負担金から出荷量を出す_スイカ.xlsx - Google ドライブ

 

ただし、初年目だけです。2年目以降は積立金があるので、積立金を考慮した形で計算する必要があります。(作ってもいいけど、また今度。)

 

ここまで計算出来たら、来年の負担金額がどれくらいになりそうかは計算できそうです。

 

それでは。