かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

鳥獣害対策セミナーに行ってきました。

天気の悪い日が増えてきました。もう晴れている日はあまりないんじゃないかということで、昨日、午前中に借りている畑を耕うんしました。草が伸び始めていたのと、大根の畝を崩すためです。

年が明ける前にもう一度ぐらい、耕うんしたいところですが・・・どうなることやら。

 

さて、昨日の午後からはフェニックスプラザでの鳥獣害対策セミナーに参加してきました。おぃおぃ、何回セミナーに参加しているんだよって突っ込まれそうですが。

 

f:id:kadonoyanasan:20201211092437j:plain

いっぱい資料がありますが、ジビエに関する資料が多かったです。でも、セミナー自体はジビエの話はさらっとしたものでした。まぁ、料理をする人や食事会じゃなく、どちらかというと捕獲や鳥獣害の被害を減らすにはといった内容がメインだったので、仕方がないかとは思います。

 

話の中で、気になった点は以下の通り。

1)事業化して継続力のある対策をする

2)ICTによる情報共有、そしてモチベーションを保つ工夫をする

3)捕獲した後はどうするのか、その先を考える必要がある

 

そんなところでしょうか。会場にいた人の中で、志のある仲間を増やすには?といった疑問を投げかけていた方もいらっしゃいましたが、私の場合、まずは自分自身のスキルアップが大切に感じています。仲間がいたほうがより強く確実に物事が進みやすいですが、集めようと思っても集まるものじゃないと思っています。人望というものでしょうか、人には得手不得手ってありますものね。

 

人によっては、「やなぎー会があるじゃない」と言ってくれる人はいますが、あれは私の人望ではなく、共通する人が集まってワイワイできる場が出来て、かつほとんど費用が掛からないというメリットがあるので、集まっているのであって、鳥獣害対策をしよう!と呼び掛けても、たぶん集まらないと思います。・・・メリットが分かりにくいものね。

 

f:id:kadonoyanasan:20201211093734j:plain

ファームキャプチャーの紹介

上記写真はICTによる捕獲管理の一つとして、トレイルカメラと無線をつかって、捕獲状況をメールやネットで確認するといった方法を紹介されていました。

 

実は加戸周辺では、鳥獣害ではなく盗難といった人害も増えつつあります。人害の方がやっかいで被害額も大きくなるところから、これからは鳥獣害だけではなく人害にも対策していく必要があるなぁと感じていたことから、これは一つのツールになりそうだなって思いました。ただ、コストが少しかかりそうですけどね。

 

不景気はそろそろ本格的になってきそうです。これからはいかに儲けるかではなく、いかに持続させれるかが、経営の鍵になってきそうです。我慢比べですね。

 

それでは。