かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

経営継続補助金の交付決定が令和2年内にあった場合、令和2年の確定申告ですべき事

確定申告の準備をしています。
先日の確定申告説明会にて「期ずれ」について気を付けるように言われてから、見直しをしているのですが、どうも最初(2018年)から見直しをしないとダメな感じです。たぶん修正申告しないといけないんじゃないかなぁ・・・

 

経営継続補助金の2次募集の採択者が発表されました。

keieikeizokuhojokin.info

同期のメンバーや、一つ下の後輩の名前も載っていました。他の補助金と違って、リスクが少ない(要求される目標とかが厳密に設定されていない)補助金なので、申請できる人はやったほうがいい補助金です。・・・って、3次募集は無いのかな?

こういうのって、やはりすぐに行動できる人が、利益を得られる感じがしますね。あとから申請できる場合であればいいですが、気が付いたら申請期間が終わっていたってなると、チャンスを逃すことになります。

 

経営継続補助金の話が出たので。令和2年確定申告での経営継続補助金の取り扱いについてです。

 

f:id:kadonoyanasan:20210203191650j:plain

少し前にも補助金の記帳のタイミングは、受給時ではなく交付決定時だということを書きましたが、経営継続補助金も同じです。私の場合は、交付決定通知が令和2年内にありました。

 

f:id:kadonoyanasan:20210203193059j:plain

上の文章が交付決定書である様式9の書類です。

 

固定資産の取得は令和3年1月に入ってからになり、交付額決定通知(様式10)はまだ出ていませんので、上の表のケース③に該当します。

 

令和2年の確定申告で申告しなければいけないのは、赤枠で囲った3つのケースになります。

f:id:kadonoyanasan:20210203193953j:plain

交付決定通知書が令和2年内に来たら、令和2年の確定申告で手続きが発生します。

 

ケース①~②は、固定資産の取得が令和2年ですので、受給がまだでも申告することは可能ですが、ケース③のように固定資産を令和2年内に取得できなかった場合は、ちょっと頭の中がややこしい状態になります(笑)

 

結論を言うと、申告書に固定資産の取得費用は記入することは出来ませんので、「国庫補助金等の総収入金額不算入に関する明細書」のみ提出することになります。

 

f:id:kadonoyanasan:20210203195156j:plain

固定資産の取得自体の申告は令和3年の確定申告にて行います。
・・・だったら「国庫補助金等の総収入金額不算入に関する明細書」も令和3年でいいじゃんって言われそうですが、そういうシステムらしいので、我慢してください。

 

帳簿上では、取引があった感じで記帳する必要があります。それについては後日書きます。

それでは。