かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

スイカだけでは規模拡大は難しくなってくる

イカもだいぶ大きくなってきました。

f:id:kadonoyanasan:20210426074738j:plain

この写真は、早植えのスイカで一昨日ぐらいに撮影したものなのですが、だいぶスイカらしくなってきた感じがします。

 

まだ低温障害になったスイカはあまり大きくなってはいませんが、新芽が出てきていることから峠は越したのかなって感じですね。成長のばらつきは出ますが、株数もそんな大した数では無いので、ばらつきが出ても収穫にはさほど影響しないのかなって思っています。これが1町とかの規模になれば、ちょっとの成長のばらつきで収穫時の作業が難しくなってくるとは思いますが・・・最近はあまり規模拡大は望めないだろうなぁと半ばあきらめ始めているので、まぁいいかなって思うようになってきました。

 

加戸周辺の農地は、昔はスイカを多く作っているところだったらしいですが、今はほとんどネギに代わりました。たぶん今後数年はネギが圧倒的に多くなってくるかと思います。ネギが減るとしたら、価格の低下よりも病気や害虫の発生がトリガーになってくるのではないかと思っています。

 

いちおうスイカでの規模拡大したいという話はしているつもりですが、スイカ農家がどんどん減る中で、需要は無くなってくるんだろうなぁとは思います。難しい話です。

ただ、大規模にネギをされている農家でスイカを作り始めている人もいるので、ネギとスイカを作る人は増えていくのではないかと思います。スイカだけでは、農地の拡大は難しくなってくるでしょうね。

 

それでは。