かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

梨の売上は反50万円ぐらいで計算するといいかもしれない

変な時間に起きてしまいました。

 

豊水梨のお金が9月12日荷受分まで通帳に入っていて、この時点で梨全体の売上が100万円を超えました。ありがとうございます。

あと2~3日分の入金が未だなのと、新興がまだ荷受開始していないので、どこまで梨の売上が伸びるか・・・ですね。

 

新興もあきづきと同じで、木の本数が少ないのでそんなに出荷出来ないと思います。なので、JA出荷のみであれば、1反あたりの梨の売上は50万円で計算してもいいかもしれません。

 

経費としてはJAの出荷手数料が売上に対して3割なのでだいたい30万円/2反ぐらい、農薬代が共同防除で15万円/2反ぐらい、その他の農薬で3万円/2反ぐらい(ジベやトップジンですね)。肥料代が3万円/2反、資材費が1万円/2反ぐらい(誘引紐)、雇人費が8万円/2反ぐらい(摘果)、動力光熱費(ガソリン代や電気代)が5万円ぐらい、地代が3万円/2反・・・。

 

とすると、だいたい利益としては16万円/1反ぐらいかな?って感じです。平成31年福井県の耕種基準では約11万円/1反の所得なので、だいたい近い数字になってきますね。
県の耕種基準では固定費として減価償却や農具、租税公課も入っているので、反当たり10万円ぐらいの利益があれば平均並みなのかもしれません。

 

やはり、なんやかんやでJAの手数料が経費の大部分を占めますね。JAに出荷しない農家さんが増えるのも納得できます。

 

それでは。