かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

運搬車の移動時間から考えること

先ほど、運搬車を大根の圃場に運びました。本当は暗くなってから移動しようと思ったのです。周りは農道なのですが、昼間は意外と交通量があるので、暗くなってからのほうがいいかな?と思ったのですが、結構段差が多いので運搬車をひっくり返す可能性と思い、明るくなってからの移動となりました。

 

車で移動する分には数分なのですが、運搬車は軽トラに積めないので、歩いて移動するため、結局1時間かかりました。これ、やはり圃場が分散すると、収穫にだいぶ時間がかかりますね。

 

大根の場合、梨の剪定があるので、12月中旬ぐらいまでに大根の出荷を終わらせる必要があります。だいたい一列に400本大根があって、一畝に8列、畝数は4つあることから、大根の総本数は約12,800本。大根1本あたり約1.5Kgだから、全部で19,200Kg・・・ホンマかいな(笑)

加工用大根は一回に500Kgぐらい運びます。大根の総重量が上の計算どおりだとすると、約38回運搬します。12月中旬まで出荷するとすると荷受日は週に3日でだいたい8週間、ということは24回。・・・つまり1日に2回以上運搬する日がないと無理だということになります。

 

とすると、やはり大根はこれ以上増やすとおそらく出荷できないので2反ぐらいが限界なのかなって思ったりします。さらに運搬車の移動時間も考えると、2反以上のまとまった農地で大根を栽培する必要があるなぁとわかるのです。

 

それでは。