かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

加工用大根の流れ。メモ。

右手首が何故かパンパンに腫れてきました。

痛みというか、動かすと激痛が走るので、痛み止めで和らげていますが、なんかただの捻挫じゃなさそうな気がしてきました。今日、三国病院に行ってみようかと思います。

 

先日、はじめて1日に2回、加工用大根のコンテナを運ぶことが出来ました。約1tの出荷ですね。

時間をざっくり測ってみると、大根の掘り取りに1時間。掘り取った大根を肥料袋に入れていくのに2時間半。肥料袋に入った大根を軽トラに積むのに1時間。大根を洗いながらコンテナに積むのに4時間掛かっています。

 

1日に2回運ぼうと思うと、前日に2回分の大根を掘り取り、肥料袋に入れておく必要があります。1回目の洗いとコンテナ詰は遅くとも4時にはスタートした方がいい感じですね。

 

9時に荷受け開始なので、9時にコンテナを持っていきます。荷下ろしに15分ぐらい。次に青果が運搬と荷下ろしで30分ぐらい。

圃場に戻って袋にいれた大根を、軽トラに積んで運ぶまでが11時までに終わったら何とか15時までの荷受けに間に合うみたいな感じです。

 

人を入れようとするなら、やはりコンテナ詰がいいかも。コンテナ詰をするのに洗いを止めているので、そのとまった流れがなくなれば時間短縮にもなりそうです。

 

大根が綺麗だと、坪田さんに褒められたのが一番嬉しかった。

 

それでは。