かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

大根の収穫に時間がかかる

雨が降り続きますね、こんなに長時間降ったのは久しぶりな感じがします。

 

大根の収穫もそろそろ終わりそうな感じです。あと出荷2回分ぐらいかな?と思います。長田のイケメン兄さんと昨日荷受け場で出会ったのですが、その時にも話したのですが、ほとんどの大根が大きくなりすぎて規格外になっています。体感的には4割ぐらいがNG。持って帰って洗ってから捨てるのは無駄が多くなるので、圃場でサイズを計りながら、NGであればその場で捨てています。もったいないですけどお金にならないのであれば仕方がありません。

 

夏の翼と違って、本宮になってから同じ量を収穫するのに、かなり時間がかかるようになってきました。本宮のほうが地面にしっかりと根を張る感じで、手で引き抜くのが大変なのだと思います。夏の翼と本宮を比べたら、大根の髭が大きく違うのが分かります。夏の翼はあまり髭はついていませんでしたが、本宮は太くしっかりした髭がたくさんついています。

 

(時間は変えられないので)収穫量を減らしたのと、NG品が多いことで、一日に出荷出来る量が500キロぐらいになってきました。来年も本宮よりも夏の翼を多めにしたほうが効率がいい感じがします。夏の翼のほうが種の値段が高いのでコストがかかるのですが、収穫・出荷効率を考えれば、夏の翼のほうが割がいいような気がします。人を入れたり機械化で省力化が出来るのであれば本宮のほうがいいかもしれませんが、一人でやるのであれば夏の翼だけでもいい感じがしますね。

 

それでは