かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

質問が出来る研修生が増えた

サンゴ樹の枝運びをしています。

 

f:id:kadonoyanasan:20220223144113j:image

 

軽トラにいっぱい乗せてハウスまで運びます。本当は切るつもりなかったのだけど、枝を切らないと防鳥ワイヤーの支柱や防風ネットが取り付けられないことがわかったので慌てて切っていってます。

 

f:id:kadonoyanasan:20220223144304j:image

まだ下の部分だけしか始められていません。

 

f:id:kadonoyanasan:20220223144345j:image

手付かずの部分が80m近くあります。こりゃ、やばいですね。

 

f:id:kadonoyanasan:20220223144443j:image

梨畑を映さずに遠くの芝マサの建物の方角を見れば綺麗な景色なんですが…あまり余裕がないですね。

 

でもまぁ、なんていうか。昨日の研修のことを思い出してしまい、ちょっとニヤニヤです。

私たちの世代では、あまり質問をする研修生は少なかったので、あれだけ質問ができるというのは素晴らしいです。

 

質問をしていけば途中で気がつくのですが、質問が出来る様に常に疑問を持つ癖をつける必要があるのと、うまく質問できるように勉強をする必要があることが分かってきます。農業だけでなく、あらゆる事に共通する事だと思います。

 

私はあまり頭が良くないので、疑問はすべて紙に書いていきます。最近は人の話をメモするのではなく、自分が思ったことをメモしている感じですね。こうすると質問時間がくれば、すぐに質問ができるので、便利だなぁって思ったりします。

 

それでは。