かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

JAで売っていた梨の段ボールの組み立て方

風がものすごいですね。まだ梨畑に行っていないので、梨がどれだけ落下しているかが気になるところです。

 

今朝は大根を播種するために耕うんをしてました。さっきちょうど終わったので、少し休憩をしてから、大根を播種していきます。

 

今回は、本宮と秋かなでという品種。秋かなでは初めての品種になります。

この2品種は加工用のみの引取りになります。

あと実験として鶏糞を蒔いた圃場には、夏の翼を播種します。こちらは青果でも引き取ってもらえる品種です。

 

さて、昨日、贈答用の梨の注文がありました。贈答用って、うちそんなのやってないけど・・・と思いつつ、うちの梨を気に入ってもらえた感じで、どんな箱でもいいから作ってということで、とりあえず適当な段ボールに入れようとしてました。

 

たまたま大根の農薬が切れてたので、JA加戸支店に行くと、梨の段ボールが売っていました。これだと梨って一目でわかるし、無地の段ボールよりかは見栄えがいいです。

とりあえず、一セット買いました。

 

1セットこんな感じ。一番上が、箱となる段ボール。右の段ボールは上蓋用の段ボール。左の白いのが梨を入れるホルダーで、その下が傷防止用のシートって感じです。

 

上蓋用の段ボールっているん?って最初思いました。必要なのかよく分からなかったので、里親さんのところに行って組み立て方と、上蓋用の段ボールについて聞いてきました。

 

上蓋用の段ボールは、箱を作った時にその上に何段か同じ箱を重ね置くと、重みで梨がつぶれる可能性があります。特に箱の真ん中は弱いので、上蓋用の段ボールを入れることで真ん中がつぶれないようにするみたいです。

 

以下は組み立て方。

①段ボールを箱状に組み立て、その中に梨のホルダーを敷きます

 

②梨をホルダーに入れます

今回は10個用のホルダーを買いましたが、12個用もあるそうです。また、段ボールも5Kg用と10kg用の2種類あり、その違いは箱の高さが違います。5Kgは1段で、10Kgは2段にするって感じです。

 

③シートをかけます

シートは10枚セットでしか販売いていないみたいです。

 

④最後に上蓋用の段ボールをいれてから、箱を閉じます

 

こんな感じです。

 

それでは。