ヘタレのやなさん

坂井市三国町で農業をして気ままに生きている記録です

勝山の黒瀬さんに会いに行きました

急に冬のような寒さになりました。

 

昨日は、勝山の黒瀬さんに会いに行ってきました。

先日の鍋の席で黒瀬さんの話をしていたのが吉田さんで、黒瀬さんが吉田さんの一つ上のカレッジでの先輩にあたることから、吉田さんにもついてきてもらうことにしました。

 

まず黒瀬さんと話した印象ですが、雰囲気はおとなしい感じですが自分の考えをしっかりと持っているといった感じを受けました。新聞等メディアによく出ていたので、目立つ方なのかな?と思っていましたが、あまり目立つことを好まないといった感じでした。

でも話しやすく、気さくな方だなぁと思いました。普通であればメールで会って話がしたいと言ってきた変な人に会おうとは思いませんから、度胸もある方だと思います。

でもやはり変な人とは関わりあわないようにしているようで、私のメールの内容を読んであってみようと思ってくれたのではないかと思っています。

 

気になっていた、どうやって仲間を作っていったのかというところでは、勝山は新規就農者が少ないというところで、新規就農者のつながりが作りにくいという感じだったようです。そんな環境であったため、勝山市が新規就農者に新規就農者を紹介する感じでつながりが出来ていったとのこと。このあたりは坂井市にはない話ですね。

 

新規就農者とのつながりが出来てきたところで、ただつながりがあるというだけでなく、農業でのお互いの話が出来るようにしたいというところから「ディノファーマーズ」という若手農家のグループが出来たという話です。

 

mykoho.jp

https://www.city.katsuyama.fukui.jp/uploaded/attachment/28926.pdf

https://www.city.katsuyama.fukui.jp/uploaded/attachment/28935.pdf

www.chunichi.co.jp

 

50歳未満の若手農家という年齢制限を設けたのは、あまり年齢が離れすぎていると話が合わないといった問題があるからだそうです。ただ50歳以上の新規就農者でも参加したい・やりたいといった気持ちがあれば、仲間が受け入れてくれるのではないかということ。こう言ってくれるのはうれしいですね。

 

「ディノファーマーズ」を立ち上げた時に、勝山市がメディア等に働きかけてくれたようで、メディアに紹介されたのは行政の力なんだなぁということを改めて確認しました。

 

 

kadonoyanasan.hatenablog.com

 

私が聞きたかったことはだいたい聞けたかなって感じです。新規就農者が少ないという勝山市の環境なので、行政自身が動いたという感じですね。ただ黒瀬さんのような若い人が少しずつ農業を始めたというのも行政が動いた大きな要因のような感じもします。もし行政が動かなければ、「ディノファーマーズ」といった若手農家の集まりなんて実現が難しかったでしょうから。まぁ、仲間を作りたいという熱意がある人が出てきたら出来るかもしれませんが、集まりが出来るまで相当時間がかかるのではないかと思ったりもします。

 

まだ書き足りないですが、黒瀬さんとの話はひとまずここまで。

 

勝山の帰りに丸岡の「大宮亭」というお蕎麦屋さんに入りました。

吉田さんのおすすめのお店だそうです。いや~、さすが吉田さんです。おしゃれなお店でビビりました。(笑)

写真はお手拭きとお茶です。お手拭きの恐竜?の絵がかわいらしいでしょ?

 

ランチセットです。これで1300円だなんて・・・むっちゃ安いやん。

最近のファミレスなんて、ちょっとした食事をするだけで2000円軽く超えてくるのに、かなり良心的です。

 

味はものすごくおいしい。

そばに大根おろしがのっていましたが、そんなに辛くなかったです。辛味大根の大根おろしが苦手な人にはいいですね。有名なお蕎麦屋さんという話なので、辛味大根の大根おろしがのっている福井ならではのお蕎麦もあるかもしれません。

ツユにそばが浸かっていますが、関西みたいに温かいお蕎麦ではなく、冷たいお蕎麦です。さらさらっと食べられて、お汁までおいしかったのです。全部飲んでしまいました(笑)

 

いいお店を知りました。ありがとう、吉田さん。☺

 

それでは。