ヘタレのやなさん

坂井市三国町で農業をして気ままに生きている記録です

爆弾の状態をたまには見ておかないとね

今日、背骨の状況を確認するために、レントゲンを撮ってもらいました。

写真だとちょっと分かりにくいですね。

 

右の写真にうっすらと矢印が書いてあると思います。そのあたりが圧迫骨折した部分で、やや白が濃くなっている部分が人口骨によって修復した部分になります。

 

この人口骨の部分は、徐々に骨と一体となっていくようなのですが、衝撃とかで壊れることもあるらしいので、完全に骨と一体となるまでは安心できなかったりします。

 

ここんところ、スイカの作業で腰の痛みが激しく、こりゃもしかして骨いったか?とちょっと不安でしたが、レントゲンを見る限りは大丈夫そう。

ただ骨と骨の間隔が少し狭くなっている部分もあり、もしかしたらヘルニアになっている可能性もあるとのことで、しばらくはコルセットを付けながら作業するしかなさそうです。

 

イカと大根、以前は梨もやっていたとのことで、医者からは「仕事としては体の負担が大きくて、いいとは言えないなぁ」と言われています。背骨の爆弾がいつ爆発してもおかしくないので、こうやって時々チェックしてあげる必要があったりします。

 

とりあえず、補助金の返還義務が無くなることと、公庫からの借入が無くなるまでは、農業を続けられたらいいなぁ。・・・続けられるかな?😅

 

それでは。