ヘタレのやなさん

坂井市三国町で農業をして気ままに生きている記録です

病気のほとんどがカビ

f:id:kadonoyanasan:20240609101137j:image

今朝起きたら、腰の痛みで動けませんでした。整枝が終わったので、コルセットを外して着果棒立てと、摘果をしたのが悪かったのかもしれません。

すいかの作業中はずーっとコルセットをつけておいた方が良さそうです。

 

…もう一つコルセットが欲しいなぁ…。今つけているコルセット、7万円ぐらいした気がするので、買うのになかなか勇気がいるのですけど。😅

 

f:id:kadonoyanasan:20240609101625j:image

摘果をしていたら、少し大きくなっていたはずの実が萎んで半分が腐っているものがありました。これは疫病とよばれる病気で、天候が悪い時に露地で多く発生するそうです。

 

こいつも炭疽病と同じで、かびの一種。かびは地球上どこにでもいますから、かびが生えにくい環境を作るのが大切になります。

 

炭疽病対策で、地面の土との接触を避けるようにマルチを張ることとなっていますが、個人的な感覚としては、かびの菌は土だけでなく、空中にもあるように思えます。かびが生えやすいのは雨が降った後。雨前にどれだけ薬でガードするか、もしくは雨が降った直後に洗い流せるかが、病気が広がらない鍵のような気がします。

 

それでは。