ヘタレのやなさん

坂井市三国町で農業をして気ままに生きている記録です

雨前防除準備

f:id:kadonoyanasan:20240622080231j:image

雨前の防除の準備をしています。

 

f:id:kadonoyanasan:20240622080258j:image

今回はジマンダイセンとダントツ。

着果も落ち着いたので、ミツバチに影響が出やすいとされるダントツを使用します。まぁ、ダントツを撒いても、ミツバチ以外の虫が受粉を助けるので、摘果は今後も続けていく必要があるのですが。😅

 

先日、令和7年度の電気柵設置の要望書(?)というのがポストに入っていました。中獣害被害が増えているとのことで、電気柵の設置の補助金を市から出してもらおうという話なのですが…

 

なんかね、電気柵が中獣類対策で万能のように思っている感じがします。電気柵を設置しても設置の仕方では入られることもありますし、一度、柵の中に食べ物があると認識すれば、執着で強引に電気柵を破ってくるものもいます。獣の数が増えれば増えるほど、変わった考えの獣が出てきて、突破されるのです。獣も人と同じで学習するのですから。

 

で、何が言いたいのかというと、補助金だけの対策ではなく、獣害対策の知識をつけてもらうことや、地域全体の意識改革(当事者意識をもってもらう)をして、皆で取り組む環境を作らないと行けないと感じます。やはり同じ県内の鯖江市さんと比較してしまって、どうしてこんなにも差があるのか…

 

地域にリーダーがいないというのもあるのかもしれませんが、市も電気柵を設置することでどれだけ効果があったのか検証するとハードだけをやってもいずれ効果がなくなることがわかるはずなのです。

もっとお金を使うところを考える必要があるように思ったりします。まぁ、効果の検証がちゃんと出来ているところだったら、有名人を使って市をPRしたり、効果の検証がしにくい婚活政策なんてしないと思いますが…😅

 

それでは。