かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

区切りとして、新たな始まりとして。

カレッジの修了式が、園芸カレッジではなく、例年通りの団地センター(丘陵地支援センターと同じ場所)に変更になったようです。個人的には(例外的という)印象に残るためにも、園芸カレッジでの修了式をやって欲しかったのですが、私が準備するわけではないので仕方がありません。

つい最近、『卒業式は人間関係をチャラにできる素晴らしいイベント』という記事を読みました。

 https://www.news-postseven.com/archives/20200315_1548238.html

 
私は修了式というとカレッジから解放される!という感覚よりも、ようやくスタートラインに立てるという感覚が強い気がします。記事を読んで、あ~なるほど、研修生としての人間関係のリセットもあるなぁ~と思いました。もちろん修了式後も付き合いが続く仲間もいますが、これにより疎遠になっていく仲間もいるかと思います。

『(カレッジの)修了式は意味があるのか?』という話を、ちらほらと聞くことがあります。どちらかというとカレッジに対して批判的な方から聞きますが、『3月末と言えば、農業でいうと圃場準備や育苗で忙しい時期。そんな時期に修了式を行うこと自体が、(農業研修を行う機関として)おかしい。』と、もっともな理由を言う人もいるのです。

私は、一つの区切りとして修了式はあってもいいかと思います。ただ、作業が追われているとかで、どうしても行けない場合は欠席してもいいんじゃないかな、と。
修了式自体も、だいたい30分ぐらいの短時間で計画されています。ほんの少しの時間ぐらい何とか捻出できなければ、今後自分の時間すら作れないのではないかと感じます。

今後もカレッジと関わることがあるかと思うけど、一つの区切りとして。また新たな始まりとして、修了式に出ます。