かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

カレッジから送られてきたおかしなメールから考えること

先日、カレッジからこんな内容のメールが届きました。

 

ふくい園芸カレッジ修了生 各位

 

ふくい園芸カレッジでの研修期間中に、(県)新規就農者研修支援事業 研修奨励金 または、

就農給付金(県単 準備型)を受給していた方は、添付のとおり就農状況報告書の提出が

必要ですのでお知らせします。

 

福井県からの研修奨励金や福井県独自の就農給付金をもらっていた人は、給付期間の1.5倍の期間が過ぎるまでは、就農状況報告書の提出が義務付けられています。

ややこしいのは国庫も同じく就農状況報告書の提出が義務付けられているのですが、書類が全く違うこと。国庫のほうは提出していても福井県のほうは未提出だったっていうケースはよくあるんじゃないかと個人的には思います。
報告する内容は県も国庫もほとんど同じなのですから、書式を統一して1枚で両方いけるようにしてほしいと思ったりしますが、そこは縦割り行政なので難しいのでしょうね。

 

県へ提出する就農状況報告書ですが、毎年4月ごろに前年4月~今年3月末までの報告をします。ここで何で11月にこんなメールを送ってくるのか?と疑問に思った人はちゃんと報告管理出来ている人かな?と思います。3月頃にこういったメールが送られてくるのであれば話が分かるのですが、何で11月?というところで引っ掛かりました。

 

メールには添付ファイルがあって、開いてみると『11月30日までに報告書を提出しなさい』とのこと。

 

私の場合、今年4月に昨年の4月~今年3月末までの報告書は提出しているはずですので、提出しなさいということは今年の4月~来年3月末分なのか、それとも今年4月に提出したはずの報告書を紛失したので再度提出してくれっていう話なのか、どっちの話をしているんだろ?ということでメールで問い合わせてみました。

 

すると返信は無し・・・代わりにこんな変なメールが届きました。

 

園芸カレッジ[園芸振興課] はメッセージ - "就農状況報告書(県単)の提出について" を取り消します。

ん???取り消し?違うってこと?意味が分からん・・・ということで、カレッジへ電話をしてみることに。話を聞いてみると、どうも誤送信したようです。

 

詳しく書くと、今年4月に提出する分について未だ提出出来ていない人に向けたメールらしく、すでに提出した人にもメールを送ってしまったとのこと。

それであればちゃんとメールにて、ことの経緯を説明したうえで、取り消しをしてほしかったですね。ただ単に取り消しだけでは意味が分かりませんから。

 

まぁ、カレッジがちゃんと管理出来ていないのは今に始まった話ではないので、個人的には笑える話なのですが、気がかりなのは私みたいに問い合わせをする人がどれだけいたのかというところ。これ、おそらくですが問い合わせをした人は、ほとんどいなかったのではないかと思います。

 

ちょっとしたことですが、こういった明らかにおかしいぞっていうことに対して問い合わせをしないのは、異常に気が付かない可能性が高く、農業でうまく行っているときはいいのですが、少しでも経営が傾いたときに全く気付かないのでは?なんて思ったりもします。気づいたときは時すでに遅し・・・っていうパターンになる人が多い気がして、ちょっと怖いなぁなーんて個人的には思ったりしますね。

 

それでは。