かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

梨の苗木についての決算処理

雪なので、決算処理を進めています。

 

昨年末、梨の苗木を3本植えました。3本程度なので経費処理しても良さそうなのですが、勉強のため、決算処理をしてみたです。

この決算処理は農業簿記2級からの話で、カレッジでは学ぶことがありません。なので、ほぼ独学です。間違っていたらごめんなさい。

 

まず昨年中、苗木を3本買って、その苗木にかかった経費は以下の通りです。

 

苗木(3本) 5,100円(税抜き)

肥料     723円(税抜き)

 

苗木の切り口に塗った農薬トップジンMペースト分も入れないといけないかもしれませんが、少量なので無視します。あと支柱とかの資材は苗木以外にも使えるので、経費処理とします。

 

まずは経費処理を行います。こんな感じです。

 

  (借方)         (貸方)

12/8 種苗費  5,100円    買掛金  5,100円

12/8 肥料費   723円    現金    723円

 

消費税は今回は無視します。実際の帳簿では消費税も記帳します。

 

次に決算処理です。

 

   (借方)         (貸方)

12/31 育成仮勘定 5,823円   育成費振替高勘定 5,823円

 

こんな感じです。

育成仮勘定は資産になり、翌年以降に繰り越していくことになります。

育成費振替高勘定は経費になります。貸方の経費なので、経費から引くという形になります。すでに12/8に種苗費と肥料費で5,823円使っているので、決算時に相殺してしまうっていう感じなのだと思います。

 

青色申告では、育成仮勘定は貸借対照表の「未成熟の果樹」の欄に記入します。育成費振替高勘定は損益計算表の「経費から差し引く果樹・牛馬等の育成費用」の欄に記入することになります。

 

それでは。