かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

就農5年後の目標、農業所得250万円越えとマイナス250万円の所得の話

就農5年目の目標として、農業所得250万円というのがあるけど、もう一つ考えなければいけないのが節税。
例えば所得税をゼロにしようと思ったら、経費+控除で収入を相殺する必要がある。
 
農業所得だけで考えたら、仮に5年後の目標を達成した場合、250万円越えに対して課税される。まぁ、青色申告特別控除65万円(電子申告+帳簿)+基礎控除48万円で、課税対象が約140万円強。
 
所得税だと課税対象が195万円未満だと税率が5%だけど、そこを狙って収入を調整するのは難しい。むしろ出来るだけ収入を増やして農業所得250万円越えにすることを優先しなければ、250万円を割り込む危険性がある。ということで、税率10%になる可能性がある。
住民税は一律10%。合計で20%だけど、住民税の方が控除額が少ないので、若干税金は多くなる。
 
国民健康保険税は住民税の所得額によって変わる。また固定資産税(償却資産税も固定資産に入る)の税額も乗っかってくるので、かなりの金額になるのは間違いない。

・・・それを理解している新規就農者は少ない。
節税を考えることが出来なければ、いくら高収入を得ることが出来ても、手元に残るお金は少なくなる。

節税と言えば各種控除をするか、もしくは経費を増やすか・・・といった選択しかないのだけど、所得が農業所得しかない場合は、経費を増やせば所得250万円越えを達成することは出来ないというジレンマとなる。
じゃあ、どうすればいいのか。

一番簡単なのは、控除額を増やすこと。生命保険や年金、あと寄付やふるさと納税といったものが使える。ただ控除額を増やしても国民健康保険税は減らない。

国民健康保険税を減らそうと思うと、所得を減らさざる負えない。となると、農業以外の所得を得て、そこで赤字にするしかない。
昨夜(7/7)の飲み会の最後に出た、『目標、農業所得250万越え。そしてマイナス250万円の所得』という話したのはそういう意味なのだ。そんなの出来っこないって言われたけど、ちゃんと税金について勉強すれば、なんとなく道が見えてくる。

あとまだ確認が取れていないが、青色申告の場合、前年の赤字を繰り越せることが出来る。これを認定新規就農者の目標所得に含めるのか否かでも、変わってくる。ただ、前年が赤字の場合、その次の年でいきなり農業所得が250万円越えになるのはかなり難しいと思うけど。