かどのやなさん

昨年、福井県坂井市三国町で新規就農した存在価値のない人のブログです

農地が少なくてもやっていける方法を考える必要がある

風が強いですね。大根を洗おうと思ったのですが、風が強すぎてハウスが開けられない状態です。もう少し様子を見て、ダメそうであれば今日の出荷は諦めた方が良さそうです。

 

前回で余った時間を農業以外で稼ぐっていうのを話しましたが、基本は農業を主軸にしてやるのがいいかと思います。農テラスの動画でも、食品業を目指すのがいいとありますが、6次化ではなく、大型冷蔵庫を買って、消費者が必要な時に出荷出来るようにしたり、究極は必要な分を受注してそれ以上は作らないといった形を目指すといった話がありました。

 

6次化もいいのですが、ニーズにあっていないと独りよがりの生産になってしまいます。ましてや食品の加工って、だいたい似たり寄ったりの感じになるので、よく似た商品を他で作っている可能性もあります。つい最近、カレッジの先輩でミディのジュースを作ったと新聞記事になっていましたが、調べてみるとJAでもすでにミディのジュースを生産・販売していて、しかも安いので、競合しないコンセプトをうまく考えないと作るだけ損失になりそうな感じがします。あと個人でやると、生産出来る量も限られてくるので、出来れば生産者仲間を集めて大量に生産してコストを下げていくことをやらないと、ちょっと厳しいのではないかと思ったりします。

 

とにかく土地が広がらなくても利益が出る方法を考えないと死活問題になってきそうです。

 

それでは。