かどのやなさん

坂井市三国町加戸で農業をして気ままに生きている記録です

インボイス登録しなきゃ

雨が降っています。朝のうちに雨が上がると思っていたのですが、どうやら昼過ぎぐらいまで残りそうな感じですね。

寒さも戻ってきたのもあり、午前中は家で事務作業をします。

 

さて、PV数がここんところ大きく減りました。たぶんあまり内容のない話ばかりだったので、飽きられてしまったのではないかと思ったりします。過激な内容を書けばまた増えそうな気もしますが、そういったネタも最近は少ないのです。まぁ、自然と過激な内容になっていたということはありますので、書いていたらまた増えるかなって感じですね。

 

3月も終わりに近づき、インボイス登録がまだ出来ていないことを思い出しました。

 

売上が500万円程度なのと、JAにしか出荷していないのでJA特例が使えるというところから課税事業者にならなくてもいいのですが、帳簿が複式簿記の税抜き会計でやっているものですから、税込み会計にするのがめんどくさいっていうところであえて課税事業者になっています。まぁ、売上に対して経費が多くなりやすいので、消費税の還付が受けられるためというのもあります。今年、来年は補助金があるため、やや赤字になっても大丈夫っていうのもあるので、計算をしながら経費を調整しているっていう感じですね。

 

これから先、消費税が上がっていくことは目に見えているので、補助金がなくなる就農6年目からは、免税事業者になろうと思っています。補助金がないということは、赤字にすると手元のお金も無くなっていきますからね。

 

JA特例も国の財政が厳しくなってきたら、無くなるかもしれませんね。まぁ、そこまで来ていたらJA特例を無くしたところで、財政が良くなるとは思えませんけど。😅

 

インボイスの悪いところは管理コストがものすごく増えるというところかな。インボイスをもらっても、それが正しいのかチェックしていく必要が出てきます。個人経営や小規模事業者だと、その手間だけでかなりの負荷がかかってきますね。これを価格に転嫁できればいいのですが、なかなかそれも難しいでしょうし、そうなると廃業したほうが得だわってなるところが増えてくると思います。新しい産業も生まれにくくなるでしょう。

 

インボイスをする前に、まず税金が複雑すぎる問題を解決しないと消費税をどんどん上げていくしか財政が保てないという状況になるような気がしますね。

 

それでは。